木材劣化診断・劣化対策

​木材は、自然からの貴重な贈り物です。
​■ 『快適で長持ちする家』のために

 木材は、わたしたちの生活や文化を支える建造物の

重要な構成要素であるとともに、貴重な資源でもあります。

 できるだけ長く安全快適に使用していきたいものです。

そのためには、木材の劣化診断・劣化対策を適切に​行う

必要があります

​① 劣化診断

​1、いかなる種類の劣化であるのか?( 害虫・ 腐朽・その他)

​2、劣化の程度はどのくらいか?

3、その劣化は進行性か否か

これらの診断をします。

■劣化診断の方法は次の三つにわけられます。

​一次診断:『視診・触診・打診・突刺し診』 といった自分の知覚と

       簡単な道具を用いた診断。

 

​二次診断:『含水率計・穿孔抵抗計測器・電磁波計測器など』の

       機材を用いた診断。

三次診断:『顕微鏡観察・遺伝子解析など』による診断。

※ 一次診断・二次診断までは弊社で行いますが

   三次診断については提携先の研究機関が行います。

​② 劣化対策

​劣化診断に基づき、加害昆虫の駆除、腐朽菌の除去、

木部の補修・補強、などの劣化対策を検討し実行します。

補修・補強方法については、材の入れ替え・追加や、

樹脂の注入など、さまざまです。

また、いずれの場合も以後の劣化予防措置を講ずることが

​大切です。

​木材の劣化診断・劣化対策は、

いずれも、弊社に在籍している

木材劣化診断士・建築士等の

​有資格技術者が行います。!

(有)小林材木店 ソーシャルメディア:

​Tel 046-231-0094 Fax 046-232-3835
お気軽にご相談ください。
  • Instagram/ebina_kobayashizaimoku
神奈川県海老名市河原口二丁目16番27号
新住協のQ1.0住宅

Copyright © 2017 有限会社小林材木店 All Right Reserved.